写真士 Takiguchi Takumi

Equipment

カメラとレンズ

 

マミヤ645PRO(フィルムカメラ)

Mamiya(現マミヤ・デジタル・イメージング株式会社)製の中判フィルムカメラ。ブローニー版のフィルムを使用し645フォーマットで撮影することができます。

撮影への気持ちが乗った時や大伸ばしを想定する撮影時に使用しているカメラです。広々としたファインダーで対象物を眺めるとふつふつと撮影の意欲が湧いてくるのがこのカメラの最大の長所だと思います。

フィルムマガジンへの一回の装着で15枚までしか撮ることができない、中判のため携行するにはちょっと重いといった点が最新のカメラとは異なる点になります。

撮影への集中力を高める点でむしろ撮影枚数に限りがある方が自分にとっては効果的なことに気がついたので、一度に沢山のカットが撮れないことは欠点とは感じられません。ただし、プラスチックが使用されて軽めに作られているとは言えそこは中判機、長時間持ち歩くにはやはり重いこととだんだん高くなってきているフィルムの値段が頭痛の種、といったところでしょうか。

操作感は良くも悪くも色気はなく、シャッター音も含めていかにも一昔前の「業務用機」といった感じです。変わった言い方かと思いますが、カメラにちょっと突き放された感じがむしろすぐに撮影という行為に没入するのに役立っている気がするので、個人的には美点と感じています。

マミヤ645セコールCシリーズ(レンズ)

マミヤ645用の交換レンズ群です。

焦点距離でいうと、35mm、45mm、80mm、105-210mm、500mmを撮影に応じて使い分けていま す。

もっともよく使用するレンズはなんといってもセコールC80mmF2.8Nです。このレンズは35mm版に焦点距離を換算すると約43mm相当となり、教科書的に言えば人間の見たままに写る「標準レンズ」に属します。人の視覚に近いということで気をてらわない描写が特徴ではありますが、気を抜いて撮影するとどうにもならないコマを大量に生産してしまうちょっと怖い?レンズです。でも気持ちを入れやすいレンズのため飛び抜けて出番の多いレンズです。

キヤノン EOS60D(デジタルカメラ)

Canon製のAPS-Cデジタル一眼レフカメラです。中判カメラの持っていくには厳しい山の写真の撮影、お仕事用やインスタグラム用といったWeb関連の画像を撮るために使用しています。

(中判カメラ一式に比べれば)軽いボディとフットワークの軽いズームレンズ(後述)の組み合わせはフィルム中判カメラのマミヤ645PROと組み合わせて使うのに大変具合が良いので気に入っています。今となっては珍しくないですが、チルト式液晶画面を使用しての撮影はデジタル機でありながらどこか中判カメラでの撮影と通じるものがある点もこのカメラの良さと感じています。

キヤノン EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM(レンズ)

EOS60Dで普段使用しているいわゆる標準ズームレンズです。

35mm判換算で24~136mm相当の焦点距離をカバーしているため、大抵の撮影はこのレンズ1本で間に合います。そのため荷物を軽くすることができる上に便利ということで出番は大変多くなっています。キヤノンでも標準ズームレンはいくつか種類がありますが、このレンズの長所は何と言っても「換算24mmが使える」につきます。あと一歩ワイドに撮りたいということが自分の場合よくあるので重宝しています。

その他の装備

三脚と一脚

マミヤ645PROで腰を落ち着けて撮影するときは古いジッツォのやたら重いアルミ三脚を持って行きます。体には堪えますが「ぶれない」という点では未だ一級の性能を発揮してくれます。しかし、普段の撮影ではフィルム・デジタルにかかわらず一脚の出番が圧倒的に多いです。機動性と固定力のバランスが自分の撮影にあっているからです。ただし、酷使がたたって今使用しているベルボンのそれは3代目になります。

Instagram

Copyright(C) 2002-Takumi.Takiguchi, All Rights Reserved.